結婚詐欺の特徴と手口を解説!探偵の結婚調査で婚約者を調べる方法

結婚詐欺の相談は探偵事務所へ

テレビや新聞などで、一般の人が狙われる犯罪としてオレオレ詐欺や振り込め詐欺などが取り上げられていますが、最近は外国人による結婚詐欺が増えています。

結婚詐欺は詐欺の中でも犯罪の立証が難しいため、被害者が泣き寝入りするケースが非常に多いのです。

詐欺の被害に遭わないようにするために、たとえ交際相手であっても安易にお金の貸し借りをしないことや、少しでも気になる点があれば交際・結婚の前に相手の素性を徹底的に調べておくようにする、などの自衛策を講じる必要があるのです。

結婚詐欺の手口は、交際し始めて初めは少額のお金を借りて返すことで相手に信用してもらってから高額のお金を貸した直後に一方的に分かれたり姿を消してしまう、というパターンで被害に遭います。

被害に遭った直後は詐欺だと気付きにくく、時間が経ってから犯罪に気が付いた時には既に相手の行方が分からなくなっているのです。民法上は結婚すれば財産は夫婦の共有になるのでお金の貸し借りは無効になります。

詐欺師は民法の規定を利用して交際相手からお金を借りても借用書を作成せずに口約束だけで済ましてしまい、犯罪の証拠が残らないようにするのです。

さらに警察の捜査を受けないようにするために生命保険などではなく、本人の貯金や資産を狙うケースがほとんどです。

結婚詐欺の特徴として、自分の家や部屋に呼ばない・結婚の話はよくするのに両親、身内に会わせてくれない・貯金や資産についてさりげなく聞いてくる・付き合ってからお金が必要な状況が発生する、などがあります。

これらの兆候があっても本人は感情的になっていて冷静に判断しにくい場合があります。

結婚詐欺の被害に遭わないようにするために、子供の交際相手や自分が付き合っている相手について、少しでも気になる事があれば探偵事務所に相談することができます。

多くの探偵事務所では無料相談に応じてくれますし、顧客の秘密を守ってくれるので相手に気付かれずに調べてもらうことができます。