結婚詐欺の特徴と手口を解説!探偵の結婚調査で婚約者を調べる方法

結婚詐欺の慰謝料はいくら?

世の中には様々な詐欺事件がありますが、結婚詐欺もその一つです。

また、結婚することを餌にして金品を騙し取る結婚詐欺ほどに悪質ではないとしても、結婚の約束をしたのに一方的に反故にされる婚約破棄や婚約不履行なども被害は深刻です。

そんな時には被害者としては、せめて加害者に慰謝料を請求して、精神的な苦痛に対する償いをさせるべきだと言えるでしょう。

そんな結婚詐欺などの慰謝料の具体的な金額ですが、それは交際開始から婚約までの期間や経緯、そして実際に婚約破棄に至るまでの経緯まで含め、総合的に考えて決められるべきものです。

それに破棄する加害者や破棄される被害者の経済状況なども影響するのです。ですから一口に相場の金額と言っても、請求できる金額には大きな幅があるのが現実です。

しかし一般的な目安としての相場を考えるなら、大部分のケースにおいては最低30万円くらいから最高200万円くらいまでの幅に納まることが普通だと考えられるでしょう。

実際に一般的な過去の判例をチェックしてみると、正当な理由がないのに一方的に婚約を破棄されてしまう場合ほど、高額なお金を請求することができます。

また慰謝料とは別に分けて、婚約破棄に至るまでの様々な金銭的損害についても、損害賠償を請求できる可能性もあります。

たとえば結婚式場のキャンセル料金や、結婚後の新居を準備するために使われたお金などが損害に該当します。

ただし、あまりにも高額なお金を請求した場合は、示談や和解は不成立となってしまうこともあります。そうすると、調停や訴訟へと進んでしまうかもしれません。

それは金銭的にも時間的にも、また精神的にも負担が大きくなってしまいますので、最終的な請求額は慎重に決めるべきです。可能な限りは、当事者間で解決するように努力したほうが賢明と言えるでしょう。

ちなみに慰謝料の請求には、婚約の事実を証明する証拠と、婚約破棄が不当であることを証明する証拠の二つを揃える必要があります。

これら二つの証拠をきちんと用意した上で、信頼できる弁護士に相談して具体的な手続きを進めていくことになります。